大学の受験教科の中で、「英語」と聞くと、苦手だと思う方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。けれど、それだけに、英語に自信があると、心に余裕が出来て他の教科にも力を入れる事が出来ますよね。それでは、大学受験の為の英語勉強法のコツを考えてみましょう。まず、英語を勉強する際に、誰でも英単語の暗記を思い浮かべると思います。確かに、英単語の意味が判らなければ、読解なんて出来る訳ありません。でも、その為に単語帳を何回も何回も繰り返し覚えてみても、その時は覚えていても次の日にはすっかり忘れているなんて事はありませんか?英単語を覚える事は、大学受験の勉強にとても大切な事ですが、覚え方が問題です。英単語を効率良く覚えようと思ったら、まずはざっくりと例文から覚えて行きましょう。英語の例文を良く理解してみたら、そこに使われている英単語の意味もおのずと覚えられます。そして、出来ればその例文を耳で聞いてみましょう。CDでもいいですし、自分で声に出して読んでもいいですね。これで、驚く程、定着率が高くなります。ただ単に、淡々と英単語を覚えるよりも、例文でリズム良く覚えた方が頭にもスンナリと入って来るものです。英語は、学力を上げる時間が、他の教科と比べるとより多くの時間が掛かると言われています。少し勉強したぐらいで、「英語は苦手だ」などと思わないようにして、例文を楽しむぐらいの気持ちで取り掛かってみて下さいね。